コンテンツにスキップする
新竹市政府
Menu Close Menu
預留區域
印刷用ページ に投稿「Facebook」 に投稿「Twitter」 に投稿「Plurk」 に投稿「Google+」 に投稿「Line」 字級: フォントサイズ小 フォントサイズで フォントサイズ大

市指定遺跡李克承博士故居

*李克承博士故居
*市指定遺跡
*新竹市勝利路199号
 
  李克承故居はおよそ1943(昭和18)年間に建てられ、元は西門地区に隣接する新竹医院(現在の大遠百)の日本式個人住宅で、元新竹地区の商店経営者であった池田門・有本兼治・三上秀雄の3名が共同で建てた社交や接待、集会のために共同で建てた会館です。台湾復帰後、新竹で初めての医学博士である李克承が死去するまでずっと公館として使用し、その後は夫人が引き続きすんでいた。李克承夫人が引っ越した後は、故居は新竹市政府が管理し、改作「西門会館」に改修し、文化人たちに芸術文化の集いや活動の場所を提供した。
 
  故居は、日本統治時代に建てられたもので、台湾の多湿で雨が多く暑い気候に適した建築材料と構造で現地化革新されています。例えば、下見板の使用、軒下を高くし、床下に通風孔を増設することで湿気を防ぎ、風通しを良くして虫を防いでいます。他にも縁側やベランダで日当たりの問題を解決しました。故居は主に起居空間を南側に配置し、暑さ対策など台湾の特殊な風土に対応した建築様式と特徴があります。李克承故居は、平面で見るとL型をしており、坪数は約36.5坪、為了以縁側(西側)または廊下(東側)に增加防晒,從門廊玄関から入って、寝室が中央の廊下の替わりに東西の廊下を繋いでいます。返還後、李克承の家族の住居として壊れた家屋と茶の間の床の補修を除き、昔の様子を維持しています。建築の特徴上、故居の公共スペースの性質は明らかで、集会場としての性質を持つ集会スペースでした。
来場者数:6476 人は、日付:2016-07-05