コンテンツにスキップする
新竹市政府
Menu Close Menu
預留區域
印刷用ページ に投稿「Facebook」 に投稿「Twitter」 に投稿「Plurk」 に投稿「Google+」 に投稿「Line」 字級: フォントサイズ小 フォントサイズで フォントサイズ大

自然環境

freego
  自然条件  
  新竹平原は、頭前溪と鳳山溪が堆積してできた新竹県・市の2つの主要河川の堆積平原で、新竹市および新竹県の行政庁舎所在地である新竹市と竹北市を育んできました。
 
  また、水系は主に頭前溪、客雅溪、塩水港溪からなり、その水源の多くは東岸山脈地区で、頭前溪は大霸尖山に溯り、客雅溪は青草湖調節池につながり、塩水港溪は牛埔山、香山一帶を源としています。本市の主要3河川の水量、特性はそれぞれ異なり、新竹市の16キロにわたる海岸線と共に、豊かな地理と生態の景観を形成しています。
 
  新竹の風  
  新竹は冬の季節風が強く、全省でも首位であるため、「風の街」と呼ばれています。新竹の堆積平原は東南から西北に向かって「ラッパ状」に開いているため、東北季節風にしても西南季節風にしても、本市に進入するなり、風の勢いは行く場を失い増強します。例えば、東北季節風がやってくると北風となり、それに加え地形の関係から、「ビル風」の様に新竹を吹き抜けていきます。新竹沿海一帯は冬の季節風が非常に強く、風害がひどいため、昔から民間には「新竹風、基隆雨」の諺があります。
 
  特に東北季節風の期間、季節風が新竹にやってくると、「ラッパ状」の地形のため、圧縮され、増強される作用があります。また、雪山山脈が背後あるため、東北季節風がもたらす豊富な水分はすべて基隆、宜蘭一帯にとどまり、新竹に吹く東からの風は強くて冷たい「空っ風」となり、これがビーフンの製造に最も有利な気候条件になっています。
 
  ビーフンの故郷―客雅溪  
  客雅溪は、河川の流れによって地形が発達し、くねくねと曲がって流れ、下流の溪埔は平坦で広くなっています。溪埔の砂利は熱を集めて乾きやすく、風が強く、天然の地理環境はビーフンを晒して乾かすに最適な場所で、ビーフンを作っている人は、ひと籠ひと籠溪埔へ運んで「晒す」のです。よく溪埔いっぱいにビーフンが晒してある光景を見ることができます。長い間、ビーフンを晒すのが名物となってきたので溪埔は「ビーフンの里」とも呼ばれています。また、客雅溪下流の新竹平原をくねくねと流れる様子は、「自由な曲流」とも呼ばれています。
 
自然条件 ビーフンの故郷-客雅溪
▲自然条件 ▲ビーフンの故郷-客雅溪
来場者数:6832 人は、日付:2017-03-16