コンテンツにスキップする
新竹市政府
Menu Close Menu
預留區域
印刷用ページ に投稿「Facebook」 に投稿「Twitter」 に投稿「Plurk」 に投稿「Google+」 に投稿「Line」 字級: フォントサイズ小 フォントサイズで フォントサイズ大

古蹟の類別

古蹟の等級付け(主管機関が担当):
  台湾の文化資産保存法は、1982年から施行されています。古蹟は政府の主管機関により、国定、直轄市定、県 (市) の3種に分けられ、それぞれが内政部、直轄市役所、県 (市) 政府の審査の上で指定と公告を受け、内政部による承認が与えられています。
 
古蹟の類別:
  使用機能により次の13種に大別されています。すなわち、城郭、城塞、衙門、書院、園林、寺廟、教会、牌坊、碑碣、陵墓、橋梁、他の建築物です。
  1999年に初めて古蹟の等級付けが公布されました。それまでは一級、二級、参級と分けられていたのが、今では「国定」、「直轄市定古蹟」「県市定」に分類されています。
  古蹟は、その歴史的影響力により等級付けがなされていますが、特定の時代的意義がクローズアップされて等級付けが変更されることもあります。
来場者数:6397 人は、日付:2016-07-05